設計事務所の仕事『2階からの景色確認』‐case.自邸‐

★「設計事務所の仕事」とは

ゆうです^^

先回「自邸を新築するかも」と書きました。

それに当たり早速敷地を調査!

『2階からの景色』の見え方を確認しました。

エスネルクイズの答えもわかりますよ♪

前回のエスネルクイズの答えは

『カメラ(携帯)をつけて2階からの景色を確認する道具』

でした^^

竹の先端に携帯用ホルダーを固定。

庭にあった竹で即席で作成。
2階床高4m+目線高さ1.6m=5.6mに合うように調整。

あとは動画撮影にして歩く♪

歩く。(竹がしなるw)

歩く。

(建てるなら今の車庫あたりかなー)

敷地に対して建物の配置が自由は場合は「どの向きに建物を開いて建てるか」を検討する上で、2階からの景色の見え方は重要になります。

(僕は景色の見え方を人一倍大事にするタイプ。)

北側。なかなか奥まで視線が抜ける。

南東側は国道と山。日当たりは抜群。

南側は既存の庭。上手く風景に取り入れられそう。

南西側は母屋。
母屋との行き来もデザインしたい。

欲を言えば、もう少し遠くまで見通せたら最高なのですが、まあ良いかなという感じ^^

平野ではなく、山に囲まれた立地です。

視線は抜けませんが、西~北に「日差し・雨風から家を守ってくれる屋敷森」があるのはとても助かります^^

実現するかどうかは未定ですが、
自邸を設計するのは楽しいですね♪

実はラフプランはもうほぼ出来ています^^

それは、

一般解となり得るような
『コストを抑えて家族が密に暮らせる小さな家。』

をもう数年以上前から検討していたから。

名づけて「エスネル01」と言った感じですね^^

いつかこのブログでも披露する予定です♪

安藤忠雄さんではありませんが、

『建築がこれからの時代に示せる解』

というものを常に探求して行きたいと思っています。

猫は心地良い場所をみつける天才。
ある意味僕の師匠の一人かも。

................................................

村松 悠一(ゆう)
エスネルデザイン代表(設計士)

前職での設計格言シリーズ。
:「前向きな欲を持って生きよう。」

先頭に戻る