【秘訣】構造計算された家を。「耐震等級3」を勧める理由。

【構造・耐震性】の秘訣

  • 【秘訣】構造計算された家を。「耐震等級3」を勧める理由。


  • ゆうです。

    エスネルデザインの建てる家は「構造計算」を行います。

    そして耐震性は「耐震等級3」をお勧めしています。

    なぜ構造計算が必要なのか。

    なぜ耐震等級1ではダメなのか。

S邸リノベーション。23「解体②浴室の柱の腐り・筋交いの欠損!」

S邸リノベーション

  • S邸リノベーション。23「解体②浴室の柱の腐り・筋交いの欠損!」


  • ゆうです^^

    S邸リノベーション工事は解体が進んでいます。

    そして、やはりありました。

    耐力壁の不備・柱の腐りが!




    S邸の施工は角田

熊本地震から2年。『耐震性』を今一度考える。

【構造・耐震性】の秘訣

  • 熊本地震から2年。『耐震性』を今一度考える。


  • ゆうです。

    4月14日。あの熊本地震(前震)から丸2年が経ちました。

    災害の恐怖を思い出し、家に必要な耐震性について今一度考えたいと思います。

    震源地の益城町。(毎日新聞HPより)


【秘訣】2018年の積雪から構造を考える。「雪庇・カーポート」

【構造・耐震性】の秘訣

  • 【秘訣】2018年の積雪から構造を考える。「雪庇・カーポート」


  • ゆうです。

    「積雪から構造を考える」シリーズの③です。

     →2018年の積雪から構造を考える。「設計積雪量」①
     →2018年の積雪から構造を考える。「設計積雪量」②

    雪庇(せっぴ)やカーポートな

【秘訣】2018年の積雪から構造を考える。「設計積雪量」②

【構造・耐震性】の秘訣

  • 【秘訣】2018年の積雪から構造を考える。「設計積雪量」②


  • ゆうです。

    ようやく新潟は大雪が収まりそうです。

    このタイミングで今回の大雪から「設計積雪量」について再考察してみようと思います。

    →前回の続きです。『2018年の積雪から構造を考える。「設計積雪量」①』

【秘訣】2018年の積雪から構造を考える。「設計積雪量」①

【構造・耐震性】の秘訣

  • 【秘訣】2018年の積雪から構造を考える。「設計積雪量」①


  • ゆうです。

    ここ数日、日本海側は数年に一度の寒気に見舞われ、柏崎市では24時間降雪量が全国1位の69cmを観測しました。

    柏崎市の積雪は90cm以上と平年の3倍を超えました。
    そして、明日も朝までに多いところで60cmの降

構造計算のポイント「太陽光パネルの重さ。」

【構造・耐震性】の秘訣

  • 構造計算のポイント「太陽光パネルの重さ。」

  • ゆうです。

    住宅の構造計算について。

    構造計算とは、簡単に言うと、

    『家にかかる重さにその家が耐えられるかどうかを計算し確かめる。』

    ということになります。

    (画像は構造計算ホームズ君より)<



先頭に戻る