新潟観光大使。95『国上山「朝日山展望台」良寛さんの「五合庵」』。-I様からの最高のプレゼント-

新潟観光大使

  • 新潟観光大使。95『国上山「朝日山展望台」良寛さんの「五合庵」』。-I様からの最高のプレゼント-

  • ゆうです^ ^

    先日、大河津分水ふもとの国上山に行ってきました。

    朝日山展望台からの景色や五合庵、千眼堂吊橋、そして自然。

    人生を豊かにしてくれる場所は近くにたくさんあるんですね。

    ご紹介します。

     

いなか日記。142『我が家の春の庭2021と弥彦の桜道。』

いなか日記

  • いなか日記。142『我が家の春の庭2021と弥彦の桜道。』

  • ゆうです^ ^

    春真っ盛りですね。

    花々の開花を見ていると心も体も暖かい気持ちになります。

    我が家の春の庭2021をお届けします。

     

     

    &


エッセイ。「僕の夢。『息子を最高に格好良い男に育てること。』」-桜の季節-

エッセイ

  • エッセイ。「僕の夢。『息子を最高に格好良い男に育てること。』」-桜の季節-

  • 夢。

    今、ワクワクする最高の夢がある。

     

    『息子を最高に格好良い男に育てること。』

     

    息子と暮らす日々がとても楽しい。

    大和、ありがとう♪

     

エッセイ。『幸せとは振れ幅。』災難は幸せの一歩目。

エッセイ

  • エッセイ。『幸せとは振れ幅。』災難は幸せの一歩目。

  • 人生の幸福とは。

     

    そんなことをいつも考えている。

    考えているというか、事あるごとに想いが自然と浮かぶ。

     

    先日ふと思ったこと。

     

    『幸せとは振れ


【本紹介】『世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉』。-幸せの在り方を学ぶ-

エッセイ

  • 【本紹介】『世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉』。-幸せの在り方を学ぶ-

  • 最近、環境について様々な本を読んで勉強している。

    「なにが起こっているのか。」

    「どうして起こっているのか。」

    「これからどうすれば良いのか。」

    「なにを優先して生きることが良いのか。」

     

    <

エッセイ。『設計とはいかに苦しいものか。』

エッセイ

  • エッセイ。『設計とはいかに苦しいものか。』

  •  

    設計とはいかに苦しいものか。

     

    永遠に正解はない。

     

    正解と思って造り上げたものが、数十年後に不正解になることもある。

     

    それでも向


新潟観光大使。94『えちご雪割草街道「妙法寺」』陰日向に咲く春の妖精。自然を慈しむ心。

新潟観光大使

  • 新潟観光大使。94『えちご雪割草街道「妙法寺」』陰日向に咲く春の妖精。自然を慈しむ心。

  • ゆうです^ ^

    先日、えちご雪割草街道「妙法寺」さんに訪れました。

    春の初めに咲く小さく健気な『雪割草』。

    長い冬の先には暖かい春が来ることを毎年教えてくれる花です。

     

     <


エッセイ。「僕の夢。『1歳から100歳の夢』を読んで。-幸せに死ぬこと-」

エッセイ

  • エッセイ。「僕の夢。『1歳から100歳の夢』を読んで。-幸せに死ぬこと-」

  • 『1歳から100歳の夢』という素敵な本を読んだ。

    どの人の夢も本当に素晴らしかった。

    生きる力、人生を楽しむ秘訣を教えてもらった。

     

    読みながら思った。

    「俺の夢はなんだろう?」

    僕の夢


【本紹介】『1歳から100歳の夢』日本ドリームプロジェクト。-子供にも大人にも最高にお勧めの本-

いなか日記

  • 【本紹介】『1歳から100歳の夢』日本ドリームプロジェクト。-子供にも大人にも最高にお勧めの本-

  • ゆうです^ ^

    先日、最高に素晴らしい本に出会うことが出来ました。

     

    『1歳から100歳の夢』。

     

    感動しました。

    ぜひ読んでみてください。

    子供にも大人にも


【東日本大震災から10年】あの日を思い出す。『忘れないこと。考え続けること。前進すること。』

いなか日記

  • 【東日本大震災から10年】あの日を思い出す。『忘れないこと。考え続けること。前進すること。』

  • 3月11日。

    東日本大震災から10年が経った。

    あの頃から今日までどう生きてきたのだろうか。

    これからどう生きていくのだろうか。


先頭に戻る