【エネルギー】『燃料費調整単価が高騰。』電気料金増、低自給率リスク、自衛できること。「小さな視点と大きな視点。」

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【エネルギー】『燃料費調整単価が高騰。』電気料金増、低自給率リスク、自衛できること。「小さな視点と大きな視点。」

  • ゆうです。

    2021年末から燃料費調整単価が高騰しています。

    「燃料費調整とはなにか。」

    「燃料費調整単価が上がるとどうなるのか。」

    「なぜ高騰しているのか。」

    「今後どのような対策をすれば良いのか。」


【太陽光】『発電量が年々増加!』我が家の太陽光実績2021。-温暖化の影響と太陽光の今後-

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【太陽光】『発電量が年々増加!』我が家の太陽光実績2021。-温暖化の影響と太陽光の今後-

  • ゆうです^ ^

    2021年の我が家の太陽光発電実績を紹介します。

    なんと

    発電量が年々増加しています。

    原因はおそらく「アレ」と「アレ」。

    計測値を基に

    『太陽光を取り巻く環境になにが起きているのか


【太陽光】太陽光設置は義務化へ進む。『我が家の価値。』家を建てる前に考えること。

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【太陽光】太陽光設置は義務化へ進む。『我が家の価値。』家を建てる前に考えること。

  • ゆうです。

    エコワークスの小山社長のFB投稿をシェアします。

     

    『戸建てに太陽光発電義務化を。東京都が条例制定目指す。』

     

    いよいよ大きく動き出しますね。

    未来はどうなるのか


【太陽光】太陽光発電を推奨する理由、想い。『耐災害、対紛争、対パラダイムシフト。』ひとりひとりが創る未来。

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【太陽光】太陽光発電を推奨する理由、想い。『耐災害、対紛争、対パラダイムシフト。』ひとりひとりが創る未来。

  • ゆうです。

    エスネルデザインは住宅への太陽光発電の設置を推奨しています。

     

    「なぜ太陽光発電を推奨するのか。」

     

    災害時の耐力、紛争リスク低減、パラダイムシフトへの準備、、


【環境】『環境負荷の少ない暮らしポイント。』雑誌TRANSIT紹介。-携帯メモ-

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【環境】『環境負荷の少ない暮らしポイント。』雑誌TRANSIT紹介。-携帯メモ-

  •  

    「環境負荷の少ない暮らしポイント。」

     

    携帯に書いたメモを備忘録としてブログに残します。

     

     

     

【脱炭素】『カーボンニュートラル化へ。』世の中の動向を知ることは幸福感の高い暮らしを叶える秘訣。

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【脱炭素】『カーボンニュートラル化へ。』世の中の動向を知ることは幸福感の高い暮らしを叶える秘訣。

  • ゆうです^ ^

    世の中の流れを知ることは『良い家、幸せな暮らし』を得ることにつながります。

    カーボンニュートラル社会の実現に向けて。

    世の中の動きや情報を紹介します。

     

     <


【環境】『不都合な真実2。』知識を頭に。痛みを心に。-携帯メモ-

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【環境】『不都合な真実2。』知識を頭に。痛みを心に。-携帯メモ-

  • 少し前に、米国元副大統領で環境活動家のアルゴアさんの

    「不都合な真実2」を読んだ。

    備忘録としてそのときに書いたメモを残そうと思う。

     

     

     

【秘訣】『Compact &Comfort &Clean energy』。面積を1坪抑え高断熱化を。もう1坪抑え太陽光発電を。

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【秘訣】『Compact &Comfort &Clean energy』。面積を1坪抑え高断熱化を。もう1坪抑え太陽光発電を。

  • どんな家を建てれば良いのか。

    予算の配分をどうすれば良いのか。

    悩まれている方へ助言いたします。

     

    『Compact &Comfort &Clean energy』

    面積を1坪抑え高断熱化を。もう1坪抑


【自給率】『今起こっているウッドショック』と『いつか起こるエネルギーショック』について。「検討と行動は渦中ではなく事前に。」

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【自給率】『今起こっているウッドショック』と『いつか起こるエネルギーショック』について。「検討と行動は渦中ではなく事前に。」

  • 現在、世界的に木材が不足しています。

    『ウッドショック』と呼ばれているこの状況。

    背景には「木材需要の世界的で急速な高まり」「コロナ禍による輸送ハードルの高まり」があります。

    ウッドショックの根本的な問題は木材の『自給率の低さ』。


【低炭素】『再エネ賦課金上昇。』世界の流れを知る。動くか動かないか。「日経アーキテクチュア2021.3月号」紹介。

【太陽光・環境負荷低減】の秘訣

  • 【低炭素】『再エネ賦課金上昇。』世界の流れを知る。動くか動かないか。「日経アーキテクチュア2021.3月号」紹介。

  • ゆうです^ ^

    先日、2021年の再エネ賦課金単価が発表されました。

    単価の額もですが、注目は『上昇率』。

    なにかが大きく変わり始めているのが掴めます。

    まずは「知ること」。

    そして「自分で考え」「動くこと」。


先頭に戻る