いなか日記。45『秘密のプライベートビーチ。』

いなか日記・エッセイ

ゆうです^^

少し前になりますが、夏の終わりのある日の夕方の話です。

僕は『秘密のプライベートビーチ』をもっています♪

このビーチから見る夕日は最高です。

家から20分ほど海岸線を走ったところにあるこのビーチは

地元でも知る人は少なく、いつ行ってもとても静かに過ごすことができます。

また、まわりに建物がなく周囲からの視線を気にしなくて良いため

とても心が落ち着きます。

夏の夕方に時間がとれた日はよくここに相方と来るのですが

この日の夕日は、今まで見た夕日のなかで最も感動したかもしれないくらい

とても素晴らしい夕日でした。

夏の終わりは水平線に雲があることが多いがこの日はなかった。
このあとの夕日に染まる雲の変化が最高だった。

「秘密の抜け道」を通るとこのプライベートビーチに来ることが出来る。

いつもの定位置にて。夏は折りたたみイスが常に車に積まれている。

近くのコンビニでコーヒーを買ってから来るのがいつからか定番になった。

徐々に沈んでいく夕日。それに伴いだんだんと赤くなる雲たち。

きれいに水平線に沈む夕日が見れた。それだけで幸運。感謝。

この絵のなかにいったい何色の色があるのだろう。
夕日の茜色、空の薄水色、海と雲の黒、それらの中間色、、。
そして、光のバランスで緑色に光る雲を初めて見た。

夕日が沈んでからがこの日は良かった。
空へ続く金色の階段。

そして、燃えあがる空。

暗くなる直前が一番紅い光を放つ。

そして夜へ。

雲が出ていると、夕日の変化が何重にも深まる。

どんな絵画でもどんな映画でも敵わない一瞬一瞬の芸術品。

桜と同じで儚いからこそ人の心を震わすのだろう。

素敵な夕日でした。

ありがとう。

先頭に戻る