『エスネル』とは。ーコトバの意味ー

家づくりへの想い・村松(ゆう)について

ゆうです。

このブログも気づけば150ほどの記事を書いていました。

『豊かな暮らしのつくり方(家づくり入門編)』が書き終わり、

このブログの序章が終わったような気分です。

さて、

「エスネル」とは。

ようやくですが、この言葉について書いてみようと思います。

 

 

「エスネル=escnel」は、僕が考えた言葉です。

独立しようと決めてから、

「俺はなにを提供したいのか。」

ということをずーっと考えてきました。

漠然とした「家づくりへの想い」はあれど、

それがなかなか具体的な言葉にならない。

考えて考えて、言葉にしてはボツにしてを繰り返して

ようやく

「これが俺が提供したいものだ。」

と思える言葉に辿り着きました。

それが

『 エスネル=escnel 』

です。

 

「エスネル=escnel」は、僕が提案したい暮らしを綴った造語です。

それぞれの頭文字をとって、エスネルという言葉をつくりました。

e.s.c.n.e.lのそれぞれに意味があり、想いがあります。

それぞれが『家=暮らし』をつくる上でかかせない大切なものたちです。

それでは、、、

「e」

enough
 ちょうどいいこと。過不足ないこと。

「空間のアウトソーシング。」必要十分な家づくりを。

economy
 経済的な負担が少ないこと。

暖かくて経済的負担の少ない家を。

effective
 効果的であること。
  →耐震等級や断熱性能。不足なく過剰でもない効果的な重心を提案したい。

 

 

 

 

 

「s」

safety
 構造的に安全であること。家族の命を守れること。

『中越沖地震から11年。』家を建てる上で最も大切なこと。

 

strong structure
 万が一の地震時でも、損傷を抑え、補修費用の負担を軽減させられること。

豊かな暮らしのつくり方。10-3 ー『耐震等級とは。』ー

 

「c」

comfort
 快適であること。体に負担が少なく心にも負担が少ないこと。
  →室温のバリアフリー。赤ちゃんから老人までみんなが快適な空間を。

 

cozy
 居心地の良いこと。
  →風そよぐ窓辺。寝転びたいタタミ。小さな一人用の書斎。
  「そこにいたい」と感じる場所を家の中につくる。

「n」

natural
 自然と生きること。自然に生きること。
  →本物の素材農業夕日、焚き火、、庭、野菜、、、

 

native
 地元と共に生きること。生まれた国を想い生きること

わくわくプロジェクト。02『柏崎 潮風マラソン☆2017』

わくわくプロジェクト。03『柏崎 風の陣で手紙ムービー☆2017』

 

niigata
 新潟産のものを使う。新潟を楽しむ。

「新潟観光大使☆」

 

「e」

easy
 メンテナンスが簡単なこと。手入れが自分できるように考えられていること。
  →換気扇の掃除。水廻りのお手入れ。ガラスの拭き掃除。照明の交換、、、

enjoy
 家の変化を楽しめること。手間を愉しめること。愛着がわくこと。
  →板外壁の経年変化。庭の木々の成長。子供がつけた壁のキズ、、、

「l」

life
 暮らし。Houseではなく、「Life」を提供したい。

エスネルデザインが提供したいこと。02ー『「豊かな暮らし」とは』ー

 

 

 

 

 

 

「e.s.c.n.e.l」

そんな暮らしをデザインしたい。

「エスネル」

いまはまだ生まれたてのコトバですが、

これから長い年月をかけて

大切に磨いていきたいと思っています。

皆さんから親しみをもって呼んでもらえる日を願って。

先頭に戻る