【WJD-sketch02】シドニーのOPERA HOUSE&Harbor bridge.

☆World Journey Diary

2012.5.2 Sydney in AUSTRALIA

シドニーの代名詞「オペラハウス」とハーバーブリッジ。

青い空に白い帆がとても映える。

『街の誇り』と言える景色なんだろうと思い、ペンを取った。

ミセス・マッコーリーズ・ポイントからの眺め。

オペラハウスは本当に唯々きれいでシドニー滞在中に何日も通った。

オペラハウスは世界で最も建造年代が新しい世界遺産。
1959年に着工した工事は遅れに遅れ、竣工は1973年だった。

独創的で意欲的な建築。
意匠的にも構造的にも施工的にも非常に厳しい建築。
(総工費は当初予定の14倍以上になったそう)

現代建築が遺産になる。
=街の風景として市民や世界から受け入れられる。

ということを学ばされる。

「奇抜かどうか」がポイントなのではない。

「愛されるかどうか」がポイントなんだ。

白い帆にはタイルが貼られている。

真っ白く見えた帆も意外と「ホワイト」と「ベージュ」の組み合わせになっていた。

 

 

 

余談…………….

シドニー滞在中に相方とケンカをした。

レストランでなにを頼むかとか本当に些細なことで。

お互い疲れもあったんだと思う。

そのときに残したメモがあった。

 

-「超高断熱の小さな木の家」escnel design-
先頭に戻る