『設計』とは。ー重心をとらえるー

家づくりへの想い・村松(ゆう)について

『設計』とは。

『設計する』とはどういうことか。

僕は、設計するとは、

『条件や要望の重心をとらえ、示すこと。』

だと考えている。

設計士にプランを依頼すれば、

十人十色のプランが出来上がる。

それは、それぞれの設計士の

「重心のとらえ方」が異なっているから。

デザイン性を大切にする設計士

使い勝手を大切にする設計士

素材感を大切にする設計士

居心地を大切にする設計士

売れやすく作りやすくクレームの出にくいことを優先する設計士もいるでしょう。

いろいろな設計士がいるなかで、

僕が大切にすることは、

『イニシャル・ランニングコスト・メンテナンスコストを抑えること。』

『冬暖かく快適に過ごせること。』

設計するとは、

条件や要望の重心をとらえ、示すこと。

バランスをとる。と言ってもいい。

建て主にとってどの要望が大きく、どの要望が小さいのか。

重心をとらえるためには、建て主の条件や要望を整理することが必要になる。

要望の中には、建て主が今は自分では気がついていない潜在的なものも含まれる。

(例えば、新築して30年後にかかってくる費用など。)

それらを分かりやすく整理して、具体的な形にして提示する。

理由を説明し、納得して家づくりを進めて頂くことも重要になる。

『条件や要望の重心をとらえる。』

そこには工学的な判断や、美的な判断が複合的に絡み合ってくる。

そして、経済的な判断も。

時には、子供のためを思う道徳的、教育的な判断もあってもいい。

(素材からの刺激、庭や植物、経年変化するもの、、)

その判断がとても難しく、そしてまた面白い。

―――――

建築の魅力は、

『美術』『工学』の要素を併せ持っているところだと思う。

耐震性や断熱性を確保するために、

必要な量を割り出すために、

理論や計算は必要。

しかし建築には、理論や計算だけでは割り切れない部分がある。

それが美的(感覚的)な部分。

空間の心地良さ。

雰囲気。

印象。

人と人の距離感。

町の風景。

情緒。

、、、

それらのバランス(重心)をとり、具体的な形に示す。

重心の位置は、建てる人によって異なる。

それを感じ取り、そのほかの条件とのバランスをとって

設計に落とし込む。

それが、『重心をとらえ、示す。』

という作業=「設計」なんだと思う。

先頭に戻る