いなか日記。73『男の雪遊び!カマクラに焚き火に♪』

いなか日記・エッセイ

ゆうです^^

先週末は友人を呼んで我が家で『雪祭り』を開催しました♪

カマクラ作ったり、焚き火したり、熱燗飲んだり楽しかったー^^!

今年の冬は大雪でした!

設計者としても雪に対して考えをひきしめ直したほどです。
 →【秘訣】2018年の積雪から構造を考える。「設計積雪量」②

大雪に埋もれた庭を見て僕は思いました、、、

これは、、、

もう、、、

カマクラを作るしかない!!

友人のもり(森山司法書士)。
決まってるぜー♪

天候と日程を見ながら「いつみんなを誘えるか」そわそわとしていました。

そして先週末の日曜日は最高の『雪遊び日和』となったのでした^^

さてさて、僕はみんなが来る前にいろいろと準備を。

玄関に『季節の飾り付け』を^^
器はそこらへんに置いてあったものを拝借。『田舎感』が出ていてイイネ!

+おつまみに生ハム&チーズボードをせっせと作る。

それが済んだら、外のほうの準備を。

男の冬遊びと言えば?

そうです!

焚き火です!

まずは、ナタで杉丸太を小割に。

点火台に枯れた杉葉を並べて、、

その上に小割にした杉を。
新聞紙や着火材なども必要に応じて入れる。

その上に大きい薪を載せて完成!(完全に我流)
これもお出迎えのオブジェになる♪

もりやま家が到着し、もりと一緒にカマクラづくり♪

キャンドル用のカマクラも作りました^^

体が熱くなってきたところで、休憩がてら本日最初の乾杯!
雪にうずめていたビールはキンキンで火照った体にしみわたる!
(竹は手作り門松の廃材。もりのアイデアで装飾に。)

風合いの良い椅子を。
田舎の家には「イイ感じ」の田舎オブジェがいっぱい笑

点火の相棒はこいつ!いつも頼りになってます!

無事に着火完了!
雪の壁は風除けにもなる。程よく風を遮り、程よく通すと火はよく燃えた^^

まさが買って来てくれたビールたち。「アオオニ」はパンチが効いていた!

デスマスク?ジョジョっぽい。

もりのキッズと初カマクラ!遊びに来てくれてありがとう^^

息子も初カマクラ♪
いつか一緒に作るべやー^^

年季の経った丸太が良い感じ♪
熱燗も用意して外で飲む準備は万端!

夜が深まってくる。ここからが本番♪
火を見ながらの熱燗は旨かったなー!

火を見ているとなんとも言えない暖かい気持ちになれる。
室内に薪ストーブを作るほどではないが、年に数回は外で焚き火がしたい。

火を見ながら飲んでいると、自然といつもとは違った話がでてくる。
「最近、悩んでいる話」だったり「懐かしい思い出話」だったり。
こうやって深まる縁もある。

夏は夏で楽しいけれど、冬は冬でアウトドアも楽しい♪

こうやって仲間家族と子供たちといくつになっても「遊んで」暮らしていきたいな。

................................................

村松 悠一(ゆう)
エスネルデザイン代表(設計士)

趣味:仲間と遊ぶこと。カマクラ作り。

先頭に戻る