いなか日記。136『いなか暮らし・自然暮らしの魅力♪』

いなか日記・エッセイ

ゆうです^^

最近の「我が家の暮らし」をお届け♪

いなか暮らしを楽しんでいます。

自然に近い暮らしから『豊かさ』を頂く。

環境に感謝です。

 

新型コロナウイルスの影響から、リモートワーク環境の整備、雇用関係・人生設計の見直し、などが進み、

今後、『いなか暮らし』に注目が集まることが予想されます。

最近、気付きました。

いなか暮らしって自然と三密を避けていたんですね。

(「過疎」とも言う)

今後の生き方を模索される方にとって、なにかの参考になれば幸いです。

 

こいのぼりを上げることは「風景を作ること」とも言える。

合理化だけでは満たされない『暮らしの潤い。心の豊かさ。』

いなか暮らし、二世帯暮らしから、自然とそれらを教わっている。

 

 

トラクターを洗う義父。

いなか暮らし数年の僕には、まだまだ新鮮な風景。

「やっちゃんもやりたいー!」

というので、一緒に愛車「双太郎」を洗う。

走行距離はもうすぐ20万km。

家族も増え、別れの近付きを感じる。

相棒と一緒に入れる日々に感謝。

 

「これ、ぶるどーざーのきゃたぴらだよ!」

こんな日常がとても愉しい。

 

 

 

今年もツバメがやってきた♪

 

 

息子と近所を散歩♪

車も人も少なく、あるのは自然と季節だけ。

 

(特にオチはありません)

 

天日干し中のゼンマイ。

 

柔らかくて、とても美味しい。

作られる工程・手間を感じていてればなおさら。

我が家ももうすぐ田植え。

今年も美味しいお米が実りますように♪

…………….

この時期は気温も暖かくなり、自然の変化、風景の変化も大きく、心が晴れやかになりますね^^

何千年と変わらない風景、人の営み。

感謝、感謝です。

-「超高断熱の小さな木の家」escnel design-

 

 

先頭に戻る