暖かくて経済的負担の少ない家を。

家づくりへの想い・村松(ゆう)について

『暖かくて経済的負担の少ない家を。』

そう考えながら日々住宅設計の仕事に向かっています。

はじめまして。
設計事務所escnel designのゆうです。
社会人になり、地元新潟の建築会社の住宅部門で営業をしました。
26歳のとき、学生時代から計画していた世界一周の旅へ出て、
1年と少しの期間、様々な国を訪れ、
「幸せな暮らしってなんだろう」と、
その国の人々と触れ合ったり、異文化につかったりして
いろいろな価値観に触れました。
帰国し、新潟で1番と思う設計事務所に入ることができ、
約3年間、超高気密高断熱住宅設計ひとすじに実務に励みました。
(2015.11月現在、在籍中)
現在、独立に向けて準備中です。
社会人になってからずっと
「良い家ってどんな家だろう?」
と考え続けています。
過程は飛ばしますが、私が今思ういい家とは、
『暖かくて経済的負担の少ない家。』

だと考えています。

もっと言うと、
『家にかかるお金はなるべく抑え、趣味や子供にお金をかけられる家。』
そんな家づくりを提案したい。

家にかかるお金とは、新築工事価格だけではなく、光熱費やメンテナンス費を含んだトータルコスト。
新築工事価格を下げることばかり考え、
断熱性や空調計画をおろそかにすると
寒くて光熱費のかかる家ができます。
かけるところにお金をかけ、
おさえるところはお金をおさえる。
そのバランスをとることが設計者の腕になります。
暖かくても経済的負担が大きければNG。

経済的負担が少なくても寒ければNG。
この二つはどっちもかかせない家づくりの基礎の部分。
(構造は言うまでもなく最重要。)
その次に、
土地(立地)、間取り、採光、、
最後に、
住宅設備、仕上げ材(内装)、照明、、、
今、家を考えている人へ。
考える順番が逆になっていませんか?
「暖かくて経済的負担の少ない家に住みたい。」

僕はそんな家に暮らしたいと思っています。

僕はそんな家を提案したいと思っています。



どうぞ宜しくお願い致します。


































-「超高断熱の小さな家」escnel design-
先頭に戻る