【1月17日】「住宅設計のプロフェッショナルになる。」と誓った日。

家づくりへの想い・村松(ゆう)について

1月17日は僕にとって特別な日だ。

毎年この日が来ると身が引き締まる。

1月17日は僕が『住宅設計のプロフェッショナルになる。』と誓った日だ。

6年前の今日、オーストラリアのメルボルンの働き先の寮で、

一人で夜に自分の家の間取りを書いていた。

実は、世界一周の旅に出た当初、僕は帰国後にやることを特に決めていなかった。

帰国後の予定はまったくノープラン。

どこで、なにをするのかはまっさらな白紙状態。

(今思えば本当に『若気の至り』だった。)

でも、そういうまっさらな状態で旅に臨もうとしていた。

白紙の状態で世界を吸収したいと思った。

世界を体験してから、自分で答えを出そうと思っていた。

旅に出る前は、地元のゼネコンで住宅営業をしていた。

家を売ることは大変だったが嫌いではなかった。

覚えることも多く、責任も金額も大きい『住宅』を売るのは簡単ではなく、

毎日帰宅時間も遅い。土日は出勤で休める日も少ない。

しかし、お客さんからの感謝の言葉をもらうと、

とても大きな達成感を感じることができた。

旅に出るために会社を辞めたが、

会社が嫌だったわけでも住宅営業が嫌だったわけでもなく、むしろ好きだった。

旅に出た26歳の時、

「一度ゼロになって考えてみよう。そういう環境に身を置いてみよう。」

「そうなったときに初めて『自分はなにがしたいのか、なにが好きなのか』がわかるだろう。」

と思っていた。

そして旅に出た。

『自分で気づけていない自分』を知ることを楽しみにしていた。

「旅が終わることにはなにかみつかっているだろう」と思っていた。

旅に出て1ヶ月。

まだ旅が始まったばかりのある日に面白いことが起こった。

僕は「この機会に『将来の自分の家』を考えてみよう」と思った。

近くの文房具屋に行って、数学用の方眼ノートを買った。

そして、自邸のプランを考え出した。

その晩、気づいたら深夜になっていた。

相方から「もう寝るよー。」と言われても「わかったー。」とだけ言い、

ろくにご飯も食べず、自邸のプランを考え続けた。

日が変わり、気がついたら1月17日の朝4時頃になっていた。

自分でもそんなに無我夢中になっていたことに驚いた。

そして、気づいた。

「俺は家をつくることが好きなんだ。」

旅を始めて1ヶ月。

みつける気もなく過ごしていたら、やりたいことはみつかってしまった。

少し気が抜けて笑ってしまった。

「俺が探そうとしている『幸せ』ってのもこういうもんなんだろうな。」

自分の好きなことはすぐそばにあった。

気づいているようで気づいていないだけだった。

少し距離を置いたことで確信することができた。

「俺は家をつくることが好きだ。」

2012年1月17日。

メルボルンの寮で早朝に。

自分で秘かに誓いを立てた。

『住宅建築のプロフェッショナルになる。』

6年経った今。

あの時に想像した未来を生きている。

誓いは今も変わっていない。

いよいよこれからは自分で道をつくるときが来た。

進もう。

あの時に想像した未来の先に向かって。

旅中の日記より。

................

この記事は6年前の旅中ブログとのパラレルブログになっています。
こちらもどうぞ。
 →家族で夢旅!AUS.18 「1月17日。やりたいことがみつかった日。」

先頭に戻る