【秘訣】AEP塗装のメリット紹介。「住み手が自分で塗り直せる仕上げを。」

【経年変化・メンテナンス】の秘訣

ゆうです^^

エスネルデザインの標準仕様となっているAEP塗装。

メリットは多々ありますが、そのひとつに
塗り直しが容易であることが挙げられます。

「塗り壁」は、汚れが気になる方もいらっしゃると思います。

しかし

「汚れたら自分たちで塗り直せる壁」

であれば、心理的なハードルもグッと下がるのではないでしょうか。

AEPのメリットをまとめました。

 

網川原のエスネルの塗装屋さんは新潟市北区のSTUMPさん。

STUMPの齋藤さんに現場でAEP壁の塗り直しの方法・コツについて教えて頂きました^ ^

 

 

 

建て主であるK様にも同席頂く。

塗り直しの様子を直に見たことがあるかないかで、実際にメンテする際の心理的なハードルは一段と下がる。

「長く愛着を持って暮らし続けて頂くために。」

ハード(家)だけでなく、ソフト(メンテのハードルを下げるなど)のデザインまで心掛けたい。

 

非常に綺麗に塗られた角部。

 

AEP塗装のメリットその2

『風合いがとても良い』こと。

時間によって変化する光の反射など、本当に惚れ惚れする。

 

STUMP齋藤さんによる塗り直しの実演。

AEP塗装の塗り直しは本当に簡単^ ^

 

①壁と同じ色の塗料を用意
 (工務店さんに依頼 or ネットで注文)

②刷毛をホームセンターで購入

③塗料を刷毛に少なめに乗せ、壁に塗る。

以上!

細かいテクニック等はほぼありません。

コツは薄めに塗ること。

誰にでも簡単に出来ます^ ^

 

 

赤丸部が試しに塗り直してもらった部分。

 

塗りたて時は水気もあり、他の壁との色の違いが分かるが、、、

乾くと全く分からなくなる。

 

そして、AEP塗装のメリットその3

『色の変化が少ない』こと。

ビニルクロス等は、どうしても時間と共に黄色見がかってくる。

そうすると、黄色見がかった美観上は許せたとしても、一部張替え等はしづらくなる。
(周りと色が異なり目立つから)

 

AEP塗装は、学校公共施設でもよく使用されているとても一般的な壁仕上げ材。

それは、色見の変化が少なく、塗り直しが容易だから。
(数年後に上塗りしても周囲との差が分かりづらい)

 

塗り直しの様子の動画をご紹介♪

本当にただ刷毛でサッと塗るだけ^ ^

これを知っていれば、壁を汚してしまったときのストレスも和らぐかと思います。

 

窓周りは角が多く、パテ処理や上塗りなど苦労をお掛けしました。
その甲斐あってとても端整な空間に仕上がったと思います。

壁から持ち出している階段周辺の塗装も手間がかかった。
齋藤さん、大変ありがとうございました。

見学会の際にある方に

「新築臭がほとんどしませんね。」

と言われました。

AEP塗装のメリットその4

『ケミカル臭が非常に少ない』こと。

ビニルクロスは、軟性を与えるために添加する可塑剤から「VOC(揮発性有機化合物)」がある程度発生する(基準範囲内)。

それらが「新築臭」と言われるケミカル臭につながっている。

VOCは徐々に揮発し減っていくので「絶対にNG」というわけではないが、ビニルクロスに比べて、AEPの匂いは非常に少ない(ほぼない)。

僕は化学的な匂いに敏感な体質で、ケミカル臭はとても苦手。
(新車の匂いも少し苦手、)

徐々に揮発するとは言え、自分が住む家であればケミカル臭は出来るだけ抑えたい。

 

 

エスネルデザインで標準採用している「超低VOC」「超低臭性」のエコフレッシュ

 

AEPはビニルクロスと異なり、VOCをほぼ配合していない。

 

 

また、AEP塗装のメリットその5

『他の塗り壁に比べてコストが抑えられる』こと。
(漆喰塗り等厚みのあるものと比べて)

AEPとはアクリルエマルションペイントの略で、ざっくり言えば水性ペンキのこと。

だから、材料費も施工費もそこまで高くはない。

だから、塗り直しも容易^ ^

数十年後にも塗料が廃番なることもほぼない。

 

反対に、AEP塗装のデメリット

場所によって割れが起きること。

木と塗り壁が触れている部分は、木の乾燥収縮で木が縮み、塗装の木の間に隙間が出来る。

また、壁と天井が交わる隅も割れが起きやすい。
(下地材の収縮などによる)

それらは、木の乾燥収縮が落ち着く築2年頃を目処にコーキングで補修する。

木造は、下地を含めた木の収縮は必然。

ビニルクロスでも同様にコーキングでの補修が必要となる。

美観だけでなく、コストやメンテナンスの容易性、また、デメリットも考慮した上で仕上げを提案したいと思っています。

 

個人的には、補修や、塗り直しで多少の色ムラが出てもそれも味になるかなと。

それらの「個性」も含めて、AEP塗装は

風合いが良く、コストも高すぎず、自分で塗り直しも出来る、お勧めの材料です^ ^

 

 

-「超高断熱の小さな木の家」escnel design-

 

 

【秘訣】「おすすめ外壁は板張り。」35年間のメンテ・費用を考える。

先頭に戻る