【秘訣】AEP塗り直し講習♪『AEPのメリット紹介。』-地蔵のエスネル-

【経年変化・メンテナンス】の秘訣

ゆうです^ ^

先日、地蔵のエスネルのM様とAEP壁の塗り直し講習を行いました。

AEPの大きなメリットは、壁が汚れたとしても

『塗り直しが容易なこと。』

塗り直しのコツや、その他のメリットをご紹介します♪

 

 

 

エスネルデザインでは、壁の仕上げにAEP塗装をお勧めしています^ ^
(AEP=アクリルエマルションペイント)

AEP塗装のメリットは

・風合いが良い。
(光が当たった表情が特に良い)

・塗り直しが容易。
(汚れても補修が簡単)

・経年による色の変化が少ない。
(経年後も塗り直しが可能)

・ケミカル臭が非常に少ない。
(ビニルクロス等の新築臭がない)

・塗り壁の中では価格が安い。
(漆喰などに比べて)

 

反対に、デメリットは「割れが起きる」こと。

これは下地が収縮する木造では避けられない点。

割れは、築2年ほど経過後にコーキング等で補修します。
(ビニルクロス等でも同様)

 

個人的には、デメリットを上回るメリットがあると感じています。

メリット・デメリットの詳細な説明は以前のブログをご参照ください^ ^

 

【秘訣】AEP塗装のメリット紹介。「住み手が自分で塗り直せる仕上げを。」 - 住宅設計エスネルデザイン

AEP施工や、光が当たったAEP壁の様子はこちらを♪

 

【地蔵のエスネル-09】AEP塗装・枠のない窓。『採光確保の秘訣たち。』 - 住宅設計エスネルデザイン

【見学会】『地蔵のエスネル完成見学会開催。』予約開始♪ - 住宅設計エスネルデザイン

 

................

 

M様とのAEP塗り直し講習の様子をご紹介します^ ^

 

壁が汚れた場合、

①まずは、雑巾で水拭き、または消しゴム。

②それでも消えなければ、AEP塗料を塗る。

(③それでも消えなければ、乾いてからもう一度塗る。)

とても簡単です^ ^

小さな汚れなら、刷毛や筆で軽く塗るだけでOK♪

 


刷毛でササッと♪
(乾くと周囲の色と同じになる)

AEPはいわゆる「水性ペンキ」。

扱いは簡単です^ ^

 


刷毛は「多様塗刷毛(ナイロン)」など。
(ホームセンターに売っています)

 

大きな面を塗る場合、床に塗料が垂れないように新聞紙を敷いておくと良いです^ ^
(上の画像では、透明な塗装用養生シートを使用)

2度塗りする場合、乾くまでの時間は、夏場で1時間ほど、冬場で2-3時間ほど。

 

ローラー塗りのコツは

・あまり力をかけずにローラーを動かす。

・端部でローラーを止めない。

 

塗り直しのコツなど詳細は下記の動画をご参照ください^ ^

 

 

................

 

AEP塗り直し1時間後の壁。

どこを塗り直したか分からなくなりました。

 

実は、この講習は、地蔵のエスネル完成見学会の当日の朝でした^ ^

おそらく見学者さんの中で、塗り直したことに気付かれた方はいなかったと思います。

 

楽に塗り直せるメンテナンスが容易なAEP塗り壁。

エスネルデザインお勧めの壁仕上げ材です♪

 

 

-「超高断熱の小さな木の家」escnel design-

 

 

先頭に戻る