エッセイ。『子供の夢を育む居場所。』-床下空間の魅力-

エッセイ

エスネルデザインの家には床下空間がある。

地面の下ではないが「地下」と言った方が分かりやすい。

 

『僕の家には地下がある。』

 

自分が子供だったらすごく楽しいと思う。

 

 

 

いつか僕も自分の家を建てる。
(おそらく)

 

家が完成して、息子が床下空間を初めて見たとき

どんな顔をするのか、とても楽しみ。

 

そんな未来を想像すると、少し顔がにやけてくる。

 

友達を呼んでたくさん遊べば良い。

 

「ブロックゾーン」

「戦隊ゾーン」

「たからものゾーン」

「隠れてゲームするゾーン」

、、、

 

夢は無限に広がる。

 

 

 

誰かが

「男の子は屋根裏で、女の子はドールハウスで夢を見る。」

と言っていた。

 

概ねその通りだと思う。

 

『想像の世界』を作るということ。

『熱中して妄想できる場所』を作るということ。

 

床下空間が感性を育む場所になれば嬉しい限り。

(非居室的利用)

 

ワクワクする未来を作ろう。

 

 

-「超高断熱の小さな木の家」escnel design-

 

 

 

先頭に戻る