「空間のアウトソーシング。」必要十分な家づくりを。

家づくりへの想い・村松(ゆう)について

家は必要最小限でいい。

無理に素敵な空間や庭を自分の家に作る必要はない。

素敵な空間はアウトソーシング(外部へ委託)できるから。

僕で言えば、

感動する景色は、海カフェにアウトソーシング。
海カフェドナウインズ秘密のビーチなど)

四季を感じる広大な素敵な庭は訪問できる旧名家にアウトソーシング。
椿寿荘、齋藤家別邸など)

繊細な里山風景は山カフェにアウトソーシング。
ランプリールトゥールモンドなど)

バーベキューも外で。
(これはうちや友人の家の庭でもできる。)

極上の建築空間は歴史ある老舗旅館へ。
俵屋、玉の湯など)

アウトソーシングなら特別な景色を見に行くこともできる。
東京タワービューホテル稲の景色夕日、、)

家は(家にかけるお金は)必要最小限で良いということ。

余ったお金は外に出て素敵な体験のために使おう。

地元のイベントに参加したり、

農業山登りをしたり、

海水浴やウィンタースポーツをしたり、、、

なにも自分の家ですべてを完結させる必要はない。

外に出よう。

すでにあるものを使えばいい。

そういった暮らし方には、そういった価値観に合った家が必要だ。

僕の使命は『「住」を通して、豊かな暮らしを伝えること。』

そういった楽しみを、家を提案したい。

所有ではなく「共有」という考え方。

そう思えば、国立公園だって、ゴッホの絵画だって、太陽だって、

自分のもののように思える。(管理や維持費はアウトソーシング♪)

-「超高断熱の小さな木の家」escnel design-

【関連記事】................

第三の居場所【サード・プレイス】の重要性。〈スタバ女池店〉

先頭に戻る