【秘訣】『収納ボックスのススメ。』コストパフォーマンスと利便性の追求「ニトリさん収納ボックス紹介。」

【建材・設備・アイテム】の秘訣

ゆうです^ ^

設計していて日々「改善できることはないか」と模索しています。

近年のオススメは『収納ボックス』

オープンな棚と、既製品収納ボックスの組み合わせ。

ニトリさんの収納ボックスをご紹介します♪

 

 

 

エスネルデザインでは『造りこみすぎない設計』を心掛けています。

造作・設備・間取り・内外装の素材、などにおいて

・フレキシブル性(交換・メンテナンス容易性)

・コストパフォーマンス

を意識して選定をしており、それは何十年と暮らす家の重要なポイントだと捉えています。

『シンプルに設計を行う。』ということ。

ここで言うシンプルとは、具体的には

『断熱性(快適性・健康性)』と

『家にかかるお金が抑えられること(耐久性・光熱費・メンテコスト等)』

逆に言うとそれ以外(造作など)は、おおらかで良いということ^ ^

「家に本当に必要なもの」を押さえることが大切です。

 

豊かな暮らしのつくり方。20 ー『家に必要なもの〈初心に返る〉』ー - 住宅設計エスネルデザイン

 

................

 

さて、収納ボックスについて^ ^

「オープンな棚+既製収納ボックス」の組み合わせは

・収納扉の数が減り、イニシャルコストを抑えられる。

・入れたものを隠す(雑多な見た目を抑える)ことが出来る。

・引き出し的にも使え、ボックスの持ち運びも可能(子供のおもちゃ等)

・ボックスの種類が豊富、またそれらを揃えることで見た目も整う。

・買い替えも容易。

など、様々なメリットがあります♪

 


ニトリさんの「Nインボックス(クリア色)」。

オープン棚にちょうど良くに収まるよう設計した。
乱雑になりがちな収納の見た目を整えてくれる。

ニトリさんの収納ボックスは、リーズナブルでバリエーションが豊富なのが良い^ ^

特に、奥行き浅め(26.5cm)の商品があり、使い勝手が良いです。
(○印さんは奥行き浅めの商品は少ない)

 

 


様々なサイズバリエーション。
入れるものによって、適材適所に選ぶことが出来る。

 


引き出しタイプも。
(価格は、造作した引き出しの1/10程)

 

 


サイズバリエーション一覧。

構成単位が統一されているため、棚にピッタリ収めることが出来る^ ^

 


ホワイト色も。

 


多少柔らかめ。(値段相応か)

 


ほかにもバスケットタイプや、


布ボックスタイプも。

 


ニトリさんカタログより。

各棚が「オープン」「収納ボックス」「扉あり」と多種多様。
バランスが良く面白い。

いつかこんな棚を設計したいと想像しています♪
(棚の中に「窓」や「照明」を入れ込む案を熟成中)

 

 

 

................

 

『造りこみすぎない設計』を。

家の設計は、なるべくシンプルに考える。

 

収納(造作)しかり、設備選定(換気・空調など)しかり。

家が完成した後にも替えられるものは、替えられるように設計しておく。

 

逆に、完成後に替えられないものは『性能(断熱性・耐震性・耐久性など)』『家の大きさ』。

これからの時代、快適・健康で、住コストが抑えられる暮らしがほしい。

優先順位を明確にして検討することが、長い目で見たときの『ゆとりある豊かな暮らし』につながっていきます。

 

 

-「超高断熱の小さな木の家」escnel design-

 

【関連記事】................

【秘訣】無印良品の収納ケースの活用「造作と既製品の採用判断」。 - 住宅設計エスネルデザイン

 

設計事務所の仕事『プラン修正・収納計画』‐マルチWICとは‐ - 住宅設計エスネルデザイン

 

 

先頭に戻る